気になる結婚式の費用ガイド

結婚式にかかる費用について

結婚式でかかることになる費用は、挙式のためのお金に限定されません。

 

結婚が決まったら、第一段階は婚約の証の品として、花婿になる人からは婚約指輪、女性から男性に対しては腕時計やスーツといった物が贈られます。

 

それから、結納金や結納返しのような費用というものもかかります。

 

また、結納の式を挙げるには会場代や、結納金の1割に当たる仲人に対する結納のお礼やお車代、手土産代と色々な費用も発生します。

 

結婚式に関しては挙式に限定すると費用は20万円ほどを見れば良いですが、この次の披露宴にかなりのお金がかかります。

 

新郎・新婦の衣装の費用は、お色直しを何度行うかで違ってくるのですが、多くは新郎1回、新婦2回程度のようです。

 

一般的な衣装代に関しては、60万円以内といったところでしょう。

 

披露宴で提供されるお料理についてはフレンチのフルコースが人気を呼んでいて、一人につき15,000円程度かけるものが人気があるようです。

 

他にも、2人の結婚式に来て下さった方に差し上げる引き出物も大切です。

 

結婚式の感動をずっと忘れないために、DVDやスナップ写真の撮影を自分たちで行わずプロのカメラマンに依頼する人も増えています。

 

結婚式に希望する中身に応じて、かかる費用は全く変わります。

 

我慢できる部分は削って切り詰めようとするものですが、人生でそう何度も経験することのない一大イベントなので、どうしても費用が嵩みがちです。

 

お金が足りない!・・・と慌てないために、結婚式の費用についてはお互いにきちんと相談することが肝心です。

 

 


地域別でみる結婚式費用

2人にとって結婚式は人生の一大イベントと言えるでしょう。

 

幸せな一日を作り上げるために、何度も結婚式場を訪れ、本番のプランを練っていくことになります。

 

この際知りたい点としては、結婚式の費用はいくらかかるのかということではないでしょうか。

 

結婚式の費用の予算は式で行う事柄の他に何人招待するか、用意する料理、引き出物に何を選ぶかによって違いますが、平均的な金額がないというわけではありません。

 

特に名古屋の結婚式は派手で費用の出し惜しみをしない風習があるのですが、地域によっても結婚式の平均的な費用は異なります。

 

挙式や披露宴を合わせて首都圏の結婚式にかかる費用の相場は、大体336万円とされています。

 

これに対し、関西方面の平均的な結婚式の費用は、295万程度となっていて、首都圏からは少し安めです。

 

平均費用の差というのは、首都圏での結婚式の参加者が約70人と言われていますが、関西の場合は60人ほどという部分も関連するでしょう。

 

結婚式の費用の平均が最も高いとされるのは、栃木・茨城・群馬の北関東方面で、なんと374万円以上の金額がかかっているのです。

 

北関東方面の結婚式の特徴として、約80人と大勢を招待する豪華な式になっている傾向があります。

 

こうした金額はあくまでも参考基準ですので、結婚式のプランを決めるときの資料という認識を持っておくのが無難でしょう。

 

地域別の結婚式費用はいくらくらいかを挙げてみましたが、結納や二次会の金額や、新婚旅行や新居にかかる費用は入っていませんので、他に用意しなくてはなりません。

 

このようなわけで、結婚を考える場合には、結婚式とは別に発生する費用のことも忘れないようにしながら、結婚式のプランを決めていくと良いでしょう。